研究・発明

【アインシュタインの格言&名言集】天才理論物理学者の心に響く言葉たち

 

アルベルト・アインシュタイン(Albert Einstein)

1879年3月14日 ~ 1955年4月18日

 

出典:Wikipedia

 

 

 

アルベルト・アインシュタインのプロフィール

アインシュタインは、20世紀最大の物理学者であると讃えられ、現代物理学の父とも呼ばれる人物です。

 

それまでの物理学の認識を根本から変えた偉業と、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明を讃えられ、1921年のノーベル物理学賞を受賞しています。

 

ドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州ウルム市で長男として誕生したアインシュタインは、5歳頃まであまり言葉を話さなかったんだそうです。

 

でもこの頃に父親からもらった方位磁針をきっかけに自然界の仕組みに興味を持つようになったと言われています。

 

9歳の頃には数学に秀でた才能を見せ、物理学に興味を示したのは12歳の頃だそうです。

 

言語に障害のあったアインシュタインですが、数学と物理においては傑出しており、チューリッヒ連邦工科大学に入学。

 

その頃に見た「光を追いかける夢」が、後に相対性理論を生み出すきっかけとなったそうな・・・。

 

1921年のノーベル物理学賞をはじめ数々の栄誉に輝いたアインシュタインですが、腹部動脈瘤の肥大による入院後、1955年4月18日に76歳で亡くなっています。

 

バイオリンを自ら演奏し、モーツァルトを愛したことでも知られるアインシュタイン。

同年12月17日に開かれた彼を偲ぶコンサートでは、モーツァルトのピアノ協奏曲第26番、バッハのカンカータ第106番などが演奏されたと言います。

 

 

スポンサーリンク


 

 

アルベルト・アインシュタインの格言&名言集

人生とは、自転車に乗っているようなものだ。

バランスを保つためには、走り続けなければならない。

人生を自転車に乗ることに例えるとは、学者らしい発想の中にも詩的な人柄を感じさせますね。

 

人生を楽しむ秘訣は普通にこだわらないこと。

普通と言われる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。

いたらお目にかかりたいものだ。

なるほど、“普通”とか“ありきたり”という言葉は実に曖昧な表現なんですよね。

だったら、そんな測り方で生き方を決めるのは変な話ですもんね。

 

簡素で高ぶらない生活の仕方は、誰にとっても最上のものである。

肉体のためにも精神のためにも最上のものである、と私は信じている。

過度な贅沢を求めるんじゃなく、必要な最低限の生活が送られるなら、それが一番安定した暮らしなのかも・・・。

 

大切なのは、問うことをやめないことだ。

「なぜ?」「どうして?」と自問自答するというヤツですかね。

社会に出ると多くの人が最初に教わる物事の考え方でもあります。

 

問題を見つけることは、それを解くよりもっと本質だ。

日常において、問題にすら気づけなかったことを後悔するシーンって多いですよね。

 

 

スポンサーリンク


 

 

成功者になろうとしてはいけない。

価値のある人間になるべきだ。

深い言葉ですね。

自分のために成功を欲するんじゃなくて、他人の役に立つ人間になれということでしょうか。

 

わたしには、特殊な才能はありません。

ただ、熱狂的な好奇心があるだけです。

それこそが特殊な才能であるような気もしますね。

 

私は賢いのではない。

問題と長く付き合っているだけだ。

これは分かりやすいです。

でも、アインシュタインが言うと謙遜しているだけのようにも感じちゃいます。

 

わたしは、人間関係の変わりやすさがわかるようになりました。

そして、冷たさや熱さから身を遠ざけることを学びました。

そうすれば、温度のバランスがかなりよくとれるので。

人との付き合い方を言っているんでしょうか・・・。

距離感を保つことって、確かに無難な方法のように思えます。

 

他人のために尽くす人生こそ、価値ある人生だ。

先ほどの『成功者になろうとしてはいけない。価値のある人間になるべきだ。』にも通じる言葉のように思えますね。

 

わたしは今、孤独の中に生きています。

若者には苦痛だが、成熟した人間にとっては、甘美な孤独の中に。

学者っぽい言葉ですね・・・。

孤独を甘美だと言える感覚を味わってみたい気もします。

 

想像力は知識よりも重要だ。

知識には限界があるが、想像力は世界を覆う。

これは学問だけでなく、仕事を含む生活全般に言えることですね。

 

偉大な精神を持つ人々は、平凡な人々から強い反発を受けるのが常だ。

平凡な人というのは、過去の慣習を盲信せずに勇敢に意思表示する人々のことを理解できないのだ。

あくまでも「偉大な精神」の持ち主の話ですね。

私利私欲のために世間を利用する人や、独裁的な思想を持った政治家の話ではありません。

 

 

スポンサーリンク


 

 

ページ:

1

2

ピックアップ記事

  1. 【アリストテレスの格言&名言集】古代ギリシアの哲学者の心に響く言葉たち
  2. 【アウレリウスの格言&名言集】第16代ローマ皇帝の心に響く言葉たち
  3. 【会津八一の格言&名言集】新潟の歌人書家の心に響く言葉たち
  4. 【アミエルの格言&名言集】スイスの哲学者の心に響く言葉たち
  5. 【アラン(Alain)の格言&名言集】フランスの哲学者の心に響く言葉たち

関連記事

  1. 政治

    【アウグストゥスの格言&名言集】ローマ初代皇帝の心に響く言葉たち

    ガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス・ア…

  2. 格言・名言

    【格言&名言集】古今東西の偉人や著名人による心に響く言葉たち

    発した言葉には魂が宿ると言われます。魂が宿った言葉は生きていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW ENTRY

カテゴリー

PAGE TOP